5-1

秋といえば、コレですね!


少しずつ夜が長くなり、気温もだいぶ落ち着く季節に届いた実りの便り♪
秋晴れのある日、オーナーのご実家の畑でサツマイモ堀りを体験する機会に恵まれました。

この畑では毎年11月から翌年の6月まで小麦を育てています。
夏の暑い盛りに焼けた土のままにしておくのではなく、
青青とした景色で少しでも涼を感じてもらえたらとお芋を植えはじめたそうです。

それから早3年。
今では、特注の鋳物で焼かれた”ほくほくであま〜い”お芋を楽しみに待っている近隣の方々が大勢いらっしゃるんです。

学校や幼稚園にお届けするお芋を掘り起こすお手伝いができるなんてすてき♪
ということでいって参りました。

5-2

まずはお父様ご指導のもと、育ったツルをできるだけお芋の根本近くからカマで切っていきます。
これが初心者にはかなり難しい。

5-3

後はみんなでやさしく引っこ抜いたら、丁寧にトラックに積みあげます。
ふかふかの土から、するっとお芋を抜く瞬間。「うわ〜っ!!」という歓声があがっていました。
採れたてのお芋は鮮やかな紅色に輝いていました。

5-4

たくさん採れたので、ツクルメのみんなにもお裾分け。

貴重な体験ができた上にお土産までいただいて、
「また、来年も参加したいなぁ」と、ほくほくな笑顔が溢れた一日でした。

無農薬で大切に育てられたお芋は本当に美味しかったです!!

さて、秋といえば…のトピックスは「食」になってしまいましたが、
ツクルメのエントンスではこんな素敵な植栽がお出迎えしていました。
生まれも育ちも『秋田緑花農園』 オーナー作ヒューケラのギャザリングです。

5-5

一気に華やかな雰囲気になりますね♪