3-1

夏がきた!2016夏前半


みなさんこんにちは。
桜の舞う春も過ぎ、気がつけば新緑が眩しい季節となりました。

今回は2016年夏の出来事を振り返りたいと思います。

 
「初めまして」「どうぞよろしく」からはじまり、少しづつ自然に声を掛け合うようになったツクルメのみなさん。
夏には住民同士の呼びかけでBBQが催されました。

まずは日よけのタープを張って、火をおこして、みんなで囲炉裏を囲む準備を。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピザをみんなで伸ばしたら、もぎたて野菜をトッピング。
手作りでやさしい味のピザは子供たちにも大人気でした☆

3-3

美味しそうな料理も並びます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆる〜く休日を楽しみたいから、それぞれのタイミングでふらっと立ち寄るのもOK!

この日はこんなお客さんも来てくれました。

3-5
 
ほうき草 “ポサリン” です!

このたたずまい癒される〜〜。

秋田緑花農園の社長でもあるオーナーが、
愛を込めて育てているひと鉢を毎月自ら届けてくれるのです。

蚊の季節には虫除け成分の入ったゼラニウムだったり、リクエストに応えて野菜やハーブの苗を用意してくれたり、植物を育む心が住民にも浸透しつつあるようです。

そして、夏のお客さまと言えば…

3-6

 
カブトムシをはじめたくさんの虫たちもツクルメに遊びに来ます。

実は虫は苦手という人もけっこういるみたい。
自然に囲まれているとやっぱりそこは共存していかないと、という感じでしょうか。

あら、カマキリさんもずいぶん大勢いるわ。
ちょっとインタビューしてみようかな。

3-7

 

ツク:『カマちゃん、ツクルメはどう?』

カマ:『もうここは住み心地よくてね〜。
バタフライツリーっていうお気に入りの木もあるし、いっつも顔あわせる3号室のお姉さんには主って呼ばれてるわ。』

ツク:『なるほど、カマちゃんには天国なのね。』

カマ:『住まいを探しているお友達にもすすめたら、あっという間にクチコミで広まっちゃったみたい。』

 
『カマキリがいる庭は豊かなんです。』先日植栽のお手入れを教えてくれたガーデナーの加地さんの言葉です。

 
夏の夜風に吹かれて過ごすツクルメの夜。

3-8
 
楽しい時間も、近隣の方々やツクルメ住民の暮らしがおろそかになっては元も子もないのです。
生活の場であることを意識して、最低限の決めごとはあった方がいい。

ツクルメの家では、関係者だけがやり取りを出来るメーリングリストを使ってコミュニケーションをとっています。
生活リズムも家族構成も違うみんなだから、普段はなかなか顔を合わせられないことも多いんです。
そんな時でもお互いの声に耳を傾けることができているのはこのメーリングリストがあってこそ。
もちろん直接伝えたいことは対面で。
お互いの暮らしを守るためにコミュニケーションをとるのもツクルメのよいところ。

 

新しい暮らし方の中で、永く楽しく暮らすコツをみんな少しずつ学んでいるようです。