OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ようこそツクルメの家へ


みなさん、はじめまして。

ツクルメの家の隣の林に住む妖精ツクルメです。
これからは私がこの家でのあれこれをご紹介していきたいと思います。

まずは去年の春のことを振り返ってお伝えしますね。

 

2016年4月〜いよいよ入居がスタートしました!

 

最初のツクるは自分の部屋の壁塗りから。
養生テープの貼り方を大工さんに習い、いざ。
天井まで塗っちゃったって?
それもOK!いいアクセントです。

2-2

畑もみんなで耕して種や苗を植えました。

鍬を持つのが初めての人もたくさん。
けっこう力いるんですよね。
お疲れさまでした。

2-3

畑仕事の後はウッドデッキで朝食を。

鳥の声がいいBGMです。

2-4

 

 

こちらは、入居する前にそれぞれの家族や友人を招いてお披露目会をした時の様子。

BBQをしたり、切り出した竹で流しうどん(なぜなら東久留米は美味しい小麦粉の名産地)をしたり、
寄せ木でつくる時計のワークショップがあったり、盛りだくさんの一日でした。

2-5

 

 

部屋づくり、畑づくり。

みなさんはじめての体験や新しい環境に戸惑いながら、ツクルメでの生活を満喫している様子。

“ツクルメでの生活は自分たちでツクる”

ツクルメの家では畑、お庭、ウッドデッキ、ゴミ置き場、倉庫などそれぞれを担当する人が中心になって、みんなが気持ちよく使えるようにきれいにしているそう。

自分の時間を使ってしてくれたことに自然と「ありがとうございます。」の言葉が出るし、忙しくてできない時は「お互い様です。」って声をかけて助け合っている。
そういう何気ない声掛けがあるとうれしいよね!

 

 

これがツクルメでの最初の春の出来事♪

これからも季節と共に変化をしていくツクルメをご紹介していきます。

 

 

今回はツクルメのオーナー秋田さんのお話で締めくくります。

畑の土のこと、庭の植栽のこと、ツクルメ全体のこと、私が住む雑木林のことも
気にかけてくれて、何より花を愛するオーナー。

いつもありがとうございます。

それでは、秋田さんお願いしまーす。

 

”ツクルメちゃん!紹介ありがとう!

こんな素敵な場所を作ることができて本当に嬉く思ってます。
板坂さんをはじめ、沢山の人が関わってくれたおかげでツクルメの家が完成しました。

ハプティックの小倉さん
積水ハウスの中藤さん、植村さん、三輪さん
ティーネットワーク荒川さん、高木さん
大工の津野田さん
雑木林のふれあいボランティア三戸さん、小松原さん
そして入居を決めてくれた皆さんのお人柄が、またまた素晴らしい!!

完成してそろそろ1年経ちますが、皆さんへの感謝の気持ちは忘れていません。
本当に有難うございました。

「暮らしを楽しくツクル!」

これからもみんなで自然と寄り添う、人と寄り添う、理想のアパートにしていきましょうね。

僕は畑の土を作ることしか出来ませんが、落ち葉を積んだ腐葉土、
ソバガラに微生物を住まわせた「ソバガラボカシ」
鶏糞
心を込めて土に鋤き込みたいと思います。

虫や病気に負けない、美味しい野菜ができますように!

ツクルメちゃん、見守りよろしくね。”